FX為替ブログ豪の部屋

海外を一人歩き数年・・・海外では元社長。日本ではただのニートのFXブログ。

RSI・Gostyle

 ご心配をおかけ致しました。

 まだ、風邪が完治している訳では無いのですが、トレードはコツコツとしておりました。

 ただ、ニュースを完全にまとめられていないので、ちょっと自分自身のアップデートが遅れております。

 最近は、悪い米国指標が更なる金融緩和に繋がる可能性から、リスクオン方向に進む市場の動きに対して、個人的には少しバブルのような危険性を感じています。

 まぁまぁ、この話はおいておいて、今日はご心配をお掛けしたので、一つトレード記録ではなく、「トレード手法」と言うものでは有りませんが、僕のRSIの使い方について、ちょっと書いてみたいと思います。

 それではGHの始まり〜〜!!

 真剣にFXをされる方のために記事を書いてみました。良かったらこちらを参考にしてみてください。
>>FXは1000通貨で始めるへ



■RSIを語る


 今日は「RSIについて書いてみる」と言う事で、僕の使い方について書いてみたいと思います。

 RSIは僕にとって、相場の値では無いので、移動平均線と並びチャートでは脇役的な存在となっています。

 ただし、「脇役が無ければ主役も目立たない」と言う考えを持っていて、決してRSIを足蹴にしている訳ではなく、現在の相場の位置を示す地図のようなものとして、使わせて頂いております。

 では本題に入っていきたいと思います。
まずは下のRSI参考1をご覧ください。


<RSI参考1>
FXRSI


上は「gostyle」ラインを入れたRSIです。

 まずは、ABCのエリア分けをさせて頂きました。
そのエリアに注目してみてください。

 そして、RSIの動きから相場の動きをイメージする時間のある方は、どのような動きをしたのかイメージして頂ければと思います。

 このRSIの動きを見て、ある程度相場の推移を想像できる方は、凄いRSIの使い手の方なので、この先を読んでも楽しくないと思いますが、「Gostyle」の僕の考え方は、このエリア分けを見ながら相場を追っています。


 では、掘り込んでいきたいと思います。

 まず、A・Cは、RSI40%と60%の緑のラインの間で推移しています。これは、レンジ相場のような動きをしているのではないか?と考えられます。

 Bでは、40%のレンジブレイクを達成しているので、ストップ巻き込みの強い下落があったと考えられます。

 普段みているのはたったこれだけです。
今はレンジなのか?それともトレンドが出ているのか?現在のトレンドは強いのか?弱いのか?

 たったこれだけの事ですが、現在の位置を地図上に示す事ができるように僕は思っています。
 
 さて、もう一度RSI参考1をみてみたいと思います。

<RSI参考1>
FXRSI2



 次は上のRSI参考1のBのエリアに注目してください。
矢印が3つ上向きに入っていると思います。

 上で「Aでレンジを刻んでいた相場が、レンジブレイクをして下落した」というイメージをしましたが、レンジブレイクをした相場でロングエントリーをして底値を拾ろうトレードをしてみたいと思います。

 3つの矢印のうち、左から何番目でロングエントリーをしますか?


 RSIは僕の読んだ初心者の本には「買われ過ぎ・売られすぎを示すインジケーターだ」と書かれていました。「RSI30%以下は買い転換へのサイン」「70%以上は売り転換へサイン」とも・・・。

 そう考えると、一番左の矢印の時点で30%を割り込んだので、そこで買いをいれる事になります。


 ただ、今は結果が全て出ているので、2つ目の矢印で1つ目矢印のRSIの数値を下回っている事にも注目してみてください。

 さて、3つの内のどの矢印でエントリーするか、もう一度考えてみて、下のRSI参考2を見てください。


<RSI参考2>
FXRSI3



 正解は、3つ目の矢印でした。

 そうなんです。3つ目の矢印ではダイバージェンスが発生している事が分かります。

 如何にRSI30%以下でのエントリーが危険を秘めているのか、ご理解頂けたらと思います。これが、もしも○○ショックと言う相場ならば、ポジションを根こそぎ刈られる動きを見せていたかも知れません。

 また、上のチャートを見て頂けると、先にA・Cはレンジの動きとイメージしたように、位置は違いますが、綺麗に底値を揃えてのレンジ相場の動きを見せてくれています。

※上の参考例の場合は、綺麗なRSIの軌道になっていますが、このトレードをしてしまうと、週をマタイでポジション持ち越しになってしまうので、「エントリーはしなかった」と言うのが真実です。

 僕がスキャルピングトレードをする際に、現在使わせて頂いている業者さんです。
DMMさんのサイトへ
FX


■ZATSU話


 今日はRSIについて書かせて頂きましたが、いつものように、この使い方は完全に自分で勝手にそう解釈しているだけのもので、これだけでエントリーしていると言うものでは無いです。

 ただ、これに時間を考慮したものとなると、僕はエントリーをする事が有ります。

 例えば、日本時間の夕方からニューヨーク引けまで下押しが有ったとして、逆張りのロングを打つタイミングをずっと待っていたとします。

 その際にRSIが40%辺りでレンジ下限に達していたとなると、抜ければドスンと落とすところですが、「抜けるほどの力が無い」と見たならば・・・。

 こんな時に、RSI50%〜60%までの反発を狙ってみて入る事も有ります。その際は、ストップを抜ければOUTと割り切っています。

 エントリーの時に気をつけている事は「ストップ以上である程度利益が狙える」「反発は時間がかかる」と言う事です。

 この使い方は、個人的な使い方で、決して基本的な使い方では無いと思います。自分のトレードのバランスを崩さない程度に、今回の記事を考えて頂ければと思います。

 それでは、ここまでにしておきたいと思います。
星に帰りますね〜シュワッチ!!

アメリカ経済指標サイトへ

※アメリカ指標のデータは稼動再開しております。経済指標データから予想や流れの把握にお使いください。


URL: http://gogogofx.com/


FX初心者ブログランキングへ

←今回の豪の部屋の記事内容が「良くない」と判断された場合は押さないでください。


FX人気ブログランキングへ
FX手法 | comments (0) | trackbacks (0)

取引手法をテストする!!

 皆様こんにちは!!(*^▽^*)ノ

 ついに、待ちに待った口座IDが送られてきたので、今日は土曜日と言う事も有り為替が止まっているので、バックテストをしてみました!!

 ※バックテスト=過去の相場の動きで自分の売買ルールを検証してみる事。

興味のある方はこちらからどうぞ!→マネーパートナーズさんの公式サイトへ
 

バックテスト開始


 僕も初めて使うシステムなので、できるかどうか不安になりながらも業者さんが事前に作ってくれていた売買ルールをテストしてみる事にしました。

バックテスト画像



 複数既に作ってある売買ルールの中から、今回は移動平均足を使ったクロスによって売買を行った場合をテストしてみる事にしました。自分で作りたい場合はストラテジーの中から好きなテクニカルを選択してから、数値入力や売買タイミングを選択します。


 今回の売買ルールとしては、

買いのルール
・単純移動平均線の5本線(5MA)が単純移動平均線の20本線(20MA)を上抜けて、1時間足のろうそく足が確定した場合に買いのサインを出す。

売りのルール
・単純移動平均線の5本線(5MA)が単純移動平均線の20本線(20MA)を下抜けて、1時間足のろうそく足が確定した場合に売りのサインを出す。


 つまり、単純に説明すると常にポジションを持ちながら、ドテンを繰り返します。利益確定は買いのポジションを持っていた場合は、「売りのシグナルに反転するまで持ち続ける」と言う事になります。



売りと買いの条件


バックテスト画像2



 上は、買いの条件を作り終えた画面です。更に買いの条件を増やす事(移動平均線のクロスした時にRSIの値が60以上などの追加設定)も可能ですが、今回は「ドテンを繰り返す売買ルール」のままでテストしてみたいと思います。



バックテストの結果はいかに!?



 今回は、オーストラリアドル:円でバックテストしてみる事にしました。もちろん、バックテストする期間、通貨、売買に使用する時間軸等も簡単に変更可能でした。

バックテスト画像3


↑クリックすると大きく表示する事ができます。

 何と過去の結果とは言え、約1年間の運用で3000pips以上の利益を上げる事に成功していました。

 ただ、他の時間軸や通貨を試してみましたが、やはりこの条件だけでは結果は散々なものになっていました┐(´-`)┌

(他にもバックテストの詳細条件も有り、スプレッドの幅を入力してみる事もできました。また、「売買ルールの反転機能」がついていて、結果がボロ負けルールが条件を反転させる事によって、ボロ勝ちルールへと変える事も可能なようです。エントリーしたら常にポジションが赤くなる方は、是非、一度、自分の売買ルールで試してみてください!!(*^▽^*))



バックテスト結果をチャートに表示


バックテスト画像4



 最後に売買したタイミングや入力したインジケーターをチャートに一発表示してくれます。これで「○○ショックをどう乗り切ったのか?」や「エントリー・利益確定のタイミング」それに「利益の増減」も同時に確認することができます。



 これで、為替相場が動かない暇な時間や、土日に遊ぶ道具を手に入れる事ができました!!ちょっと、これからいろいろと試してみたいと思います!!(*^▽^*)ノ


興味のある方はこちらからどぞ!→ハイパースピードネクストへ


 自動売買システムが追加されるのは、今春からのようなので、それまでに最高の売買ルールを探してみたいと思っています!!
(*^▽^*)ノ


 

あとがき



 実際に使ってみた感想としては、プログラミング経験の無い僕にとっては、多くのオシレーター系のテストをするのに本当に簡単で便利なシステムだと思います。

 特に自分の負け売買を勝ち売買にするために、僕の弱点であるレンジ相場になりそうな場合にアラーとを鳴らすサイン等を作ってみたいと考えています。

 ただ、問題点を上げるのであれば、たくさんのテクニカルが有るものの、売買ルールを全て完璧に再現できるところまでには至っていないように感じられました。

 その点は、徐々に改善されていくそうなので、更に期待したいと思っています!!もちろん、今は口座開設でキャッシュバックも貰えるみたいなので、口座開設に大満足しています!!さぁ!今から、せっせと売買ルール作っていくぞ!!




アメリカ経済指標サイトへ

※ただ今、年が変わったので新しくデータ作成中なので、少々お待ちください。最近トレードしている時間が長いので手がまわってません。(´_`。)グスン


URL: http://gogogofx.com/


FX初心者ブログランキングへ

←こちらを押して頂けると、FXブログのランキングへジャンプするのですが、一日一回押して頂ける事によって僕のブログランクが上昇します。


人気ブログランキングへ

僕のただの小さな喜びですが2〜3秒ほどで済むので押して頂けると本当にありがたいです。(´_`。)
(altを押しながらクリックすると簡単です)

FX手法 | comments (3) | trackbacks (0)

動画サイトで言ってた方法

 皆様こんばんは!もしくはおはようございます!!(*^▽^*)ノ


 えと、実は昨日のトレードはギリギリ助かったようなトレードをしておりました。(@Д@; アセアセ・・・

 画像を上げて説明すれば良いのですが、今日の画像はRSIについて上げたいので、ちょっと文字だけにしておきます。

 すいません(´_`。)グスン

 えと、昨日はユロルを1.3665でSを入れたのですが、きっちり刈り取られました。その後、Sしたい気持ちを抑えられずに、チラッと目に入ったポンドルをSしました。

 そのまま、負けた事にイライラしながらストップだけ入れて寝てたら勝ててました。(@Д@; アセアセ・・・

 今日はただ、「何となく感トレード」と言われたらそれまでなんですが、皆様のチャートを見て頂きたいのですが、昨日の英GDP発表前の高値を少し下げた時に、僕は売りを入れていたのですが、「思ったより下がらない」事にイライラしていました。

 その時に「RSIにダイバーが出ていない」事を気にかけていたのですが、ヨコに置いてあるポンドルチャートを見るとダイバーがきっちりと出ていました。

 そこで、ポンドが下がるなら、ユロルもかな?と思いながら待っていましたが、やっぱりそのまま狩られてしまいました。

 そのまま、何かざわざわと変な感じがしたので、きっちりダイバーの出ているポンドルをSしてストップだけ入れて、気が付いたら寝てたって感じです。

 ちょっと、起きている時間が悪くて、ラッキーに頼ってはいけないな・・・と、とても反省しております。(´_`。)グスン


ちょっと実験してみるコーナー



 まだ、IDが届いてないので、今日は海外の方がちょっとRSIについての書いてあるのを、ひらってきたので書いてみたいと思います。

 なぜ今頃になって新口座を作るのか?については、過去の記事でY君の話を参照してください。
 
 記事はこちらから→Y君の熱弁記事へ


 自分で検証もせずに書くとか無茶苦茶ですが、言ってる事はダイバージェンスについてなので、結構好きなサインなのでちょっと書いてみたいと思います。


 

ユロドル30分チャートを例に使いました


ユロルRSI例



 上が1つの例なのですが、RSIをただ単に「売られすぎ」、「買われすぎ」で使う事が危険なので注意が必要だと思います。

 そこで、その方は次の様なルールを使ってるようです。

・70(30)を超えた場合にはエントリーを見送る。
・エントリーは次に70を下抜けた時(30を上抜けた時)。
・しかし、1回目は見送る。

 こんなルールだそうです。

 えと、まず普通に考えてエントリーは上のチャートの1で入ってしまうと思うのですが、この方のやり方では入れません。

 そこで1の騙しには騙されずに、2でショートエントリーと言う事になります。

 しかし、再び2でも狩られてしまうことになります。

 そして、3でエントリーを見送った4でエントリーが天井を取れた正解ポジションとなりました。


 この手法で僕が関心した事は、「実は市場参加者のハートを捕らえた手法だった」と言う事です。

 1では70を超えて、70下抜けを少ししています。
その時に、市場参加者はそろそろ天井をつけたと思ってショートエントリーをしてしまいます。しかしこのルールではエントリーできません。
 2回目が重要なのです。「2回目に抜けた2のポイント」このポイントでのエントリーでOKなのですが、この方が言うには慎重になりたいならば、ここで「ダイバージェンス発生を確認後にエントリーをしろ!」と言っていました。

 市場者の心理として、1回目のRSIの値が高ければ高いほど(低ければ低いほど)2回目でその値を超えることができなかったと言う天井確認感が生まれるそうです。

 逆に捕らえると、最初のRSI70(30)越えは天井を探りに行くための合図で有り、「順張りでのエントリーポイントになりえる可能性もある」と言う事です。

 まぁ、「単純にダイバーを見つけてからでないと逆張りするなっ!!」って事なんだと思いますが、「こうやって明確にルールを作ってるのと作ってないのとは違うな〜」と思ったので今回記事にさせて頂きました。(*^▽^*)

 ポジポジ病にも効きそうですし、良かったらバックテストしてみてください〜!!僕もこのサインをちょっと注意してみようと思っています!!(*^▽^*)ノ


 <追伸>

 Y君に以前言った僕の手法EAが、4日ほどで470pipsも取れたそうです!!マジでビビリました( ̄□ ̄;)!!
 Y君の話では僕と同じでレンジ相場では、かなり弱いみたいですが、トレンドが出てる時は鬼ホールでしているようです( ̄□ ̄;)!!

 ちょっと、IDを急いで送ってください!!
待ちきれません!!( ̄□ ̄;)!!

 興味のある方はこちらからどぞ!→マネーパートナーズさんの公式サイトへ




アメリカ経済指標サイトへ

※ただ今、年が変わったので新しくデータ作成中なので、少々お待ちください。最近トレードしている時間が長いので手がまわってません。(´_`。)グスン


URL: http://gogogofx.com/


FX初心者ブログランキングへ

←こちらを押して頂けると、FXブログのランキングへジャンプするのですが、一日一回押して頂ける事によって僕のブログランクが上昇します。


人気ブログランキングへ

僕のただの小さな喜びですが2〜3秒ほどで済むので押して頂けると本当にありがたいです。(´_`。)
(altを押しながらクリックすると簡単です)

FX手法 | comments (2) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
Categories
New Entries
Recent Comments
Archives
Other